『自然に包まれてリラクゼーション』

 平成21年5月31日(日)、

私立保育園マミーの衣川園長から「土に触れることの大切さを障害のある子供たちにも経験してもらいたい」とのお話を3年前にいただきました。依頼、今回で2回目となるバーベキュー会が開かれました。

緑の風の中、陽だまりや木陰で過ごすひと時はとても心地よく、参加したみんなの表情に自然の恵みを感じました。

『誰もが普通にいることが出来る社会』という当たり前のことを障がい当事者・マミーの園児・家族・ユニ研のメンバーが同じ時間と自然という贅沢な空間を共にして『ノーマライゼーション』を肌で感じる1日となりました。

食いしん坊、美味しん坊の集まりユニ研ならではの活動で、その食材や調理方法は年毎にみがきがかかって進化しています。戸外での食事はうまいんです。

『普通』に一緒になって楽しみたい方はご一報ください。

ご案内します。


『コミュニティーケアの開拓』出版記念講演


講師:長崎国際大学人間社会学部社会福祉学科教授 浜崎裕子先生

ユニバーサルライフ研究会のメンバーでもある浜崎先生が『コミュニティーケアの開拓―宅老所よりあいとNPO笑顔の実践に学ぶ』を出版されたので、その内容を生の声で(文章には出来なかった裏話まで)話していただきました。

講演のキーワードは「コミュニティーケア」「看取り」「ケアの連続」「空間とケアの関係」でした。

一級建築士でもあり社会福祉学科教授でもある浜崎先生ならではの講演は「福祉」って何だろうという基本を改めて考える良い機会となりました。


まだ読まれてない方にはお勧めの一冊です。

宅老所よりあいの事例を通して一緒に考えましょう。

出版社は 雲母書房

お値段は 2,310円です。    


忘年会

平成20年12月例会は毎年、交流会です。
巷では忘年会と言うそうです。
参加者は23名、懐かしいメンバーも参加してくれました。

忘年会

11月例会

11月例会

平成20年11月例会はLACイージーグライド、
LACフレキシベルト、回転クッションイージーターンなどで、
皆さんご存知のラックヘルスケアから中村さんを講師にお招きして、
『安全な移乗(トランスファー)と姿勢保持について』というテーマで、
実技も交えながら、開催しました。
本来ならば、『移乗』というテーマで2時間、
『姿勢保持』のテーマで2時間は必要な内容を熟練した講義テクニックで
あわせて2時間で実施していただきました。

11月例会2

ヤングフォーラムin Sasebo

平成20年9月13日〜14日、熊本県や長崎県の障害者たちでつくるヤングフォーラムというイベントに協力させてもらいました。
13日は勉強会があり、ユニ研から理学療法士S氏が「呼吸リハビリテーション」というテーマで講義をしました。
その後の懇親会からは他のメンバーも参加し、翌14日のレクリエーションでは「佐世保市近郊バリアフリートイレマップ」をチェックしよう!という企画で、佐世保駅周辺のバリアフリートイレを検証しました。
当事者ならではの視点やチェックは非常に参考になりました。ありがとうございました。


ヤングフォーラム

ヤングフォーラム2


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM