6月例会報告

平成23年6月9日 木曜日、 「リハビリテーションにおける作業療法士の役割」と題しまして、 佐世保記念病院 の作業療法士、光岡昭人氏にお話ししていただきました。 

 
リハビリテーションとは、単なる失った機能の回復だけでなく、
障がいをもった人を最適な身体的、精神的、社会的、職業的、経済的な能力を発揮できる状態にし、
可能な限り高い生活の質、人生の質を実現することだそうです。

リハビリテーションでも、医学的リハビリテーションには

言語聴覚士ST:Speech therapist)
 音声機能、言語機能、摂食・嚥下機能、又は聴覚に障がいのある方に対して昨日の維持向上を図ります。

理学療法士PT:Physical therapist)
 身体に障がいのある方に対して、主としてその基本的動作能力の回復を図るために、治療体操その他運動を行わせます。

作業療法士OT:Occupational therapist)
 身体または精神に障がいのある方、またはそれが予測される方に対して、その主体的な生活の獲得を図るため、諸機能の回復・維持および開発を促す作業活動を用いて行う治療や訓練。

とまあ、素人にはイマイチピンと来ないのですが(笑)
大きな病院には必ずと言っても良いくらいにいらっしゃいます。

今回のお話の中で私が気になったのは、
主治医とPT,OTなどの意見や訓練にズレがあることもあるというところでした。

「もしも入院して疑問に思ったらどうすれば良いの?」
との質問に、
「ソーシャルワーカーに相談すると良い」とのことでした。

しかし、その人がどこに居るのか誰なのかなんてわかったもんじゃないですよね?

なので、
「看護師さんでもいいから、話しやすい人に言ってみたら必ず声は届きますよ」
とのことでした。

自分でなくても、家族が入院した時など、不信感を持ったままでなくて良いみたいですね。

後半は、認知症テストと訓練を行いました。


認知症テストでは、
「あなたは何歳ですか?」
に始まり
「知ってる野菜の名前を沢山言ってください」
などの項目に答えていく長谷川式簡易知能評価というものでした。
みんなめちゃくちゃ真剣でしたよ(笑)
訓練では、百ます計算みたいなのとか、正しい場所に丸をするとか、
いやはや、みんなワタワタしながらの訓練でした。
これは通常から行っていたほうがヨサゲですね。
脳みそが活性化されます。

途中様々なディスカッションもあり、
ST,PTも居る中で、たくさんの現場の話を聴くことができました。


ウチの例会の場合、ほとんどが身内ばかりでおまけに
医療従事者。

もっともっと一般の方々にも聴いてほしいな。体験してほしいなという会ですので、
もう少し宣伝をしないといけないと思っております。


そこで。
来月の例会のご案内です。

7月14日(木)
「児童・高齢者虐待について一緒に考えてみませんか?」
という議題での講演と勉強会です。
講演は、駅前千住博内科の院長、千住晋先生にお願いしています。

気軽にお越しください。

場所はいつもの通り、
花園町のふれあいセンター研修室です。

また近くなったらお知らせしますね。





calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM